2009年11月21日

「人間は弱いものです、でも人生は捨てたものではない」

私の好きなドキュメンタリーが、映画となり、劇場公開することになりました、パチパチ。「泣きながら生きて」という題名で、日本に来た中国人留学生の話です。

数年前フジテレビ系列で放映されたので、ご覧になった方も多いと思いますが、まだの方、お勧めです。こちらをぽちっとどうぞ「泣きながら生きて」

このドキュメンタリーは、泣きながら生きている多くの人達に伝えたい、励ましのメッセージだと思います。撮影したのは同じく中国人留学生だった女性です。当時日本の商社に勤めていた方です。このドキュメンタリーが放映された後、このまま消えていくのはなんとも残念に思っていましたが、映画になってほんとに良かったと思います。

実は私には、まだ心残りのドキュメンタリーがあります。いのち輝くとき 〜小さい人へのメッセージ〜

「園長すけ」と呼ばれて親しまれていた祖父江文宏さんと、「小さい人」との対話がとても素敵でした。
もう一度見たいので、メーテレさんお願いします、期待してます。
posted by ホーリー at 12:51| 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。